2017年11月7日

H様邸 クロス下地工事

H様邸の木工事も完了し、クロス工事に入りました。
キッチンや建具も設置され、ほぼ完成のかたちが見えてきました。

クロス工事は下地の処理から始まります。
パテと呼ばれる下地材を用いて壁・天井の下地面を平らに処理します。 
    
 白く見える線が石膏ボードの継ぎ目。この継ぎ目をパテで平らにします。


壁の角部分には予め補強とパテの密着を目的に穴あきの
クロス下地コーナー材を貼ります。



      壁の角部分とビス穴もパテで綺麗に処理します。

パテ処理が終わるといよいよ仕上げのクロスを張っていきます。

                               箕田







0 件のコメント:

コメントを投稿