2018年1月11日

O様 エアコン交換工事

本日はO様のエアコン交換工事を行いました。
2階にあるリビングのエアコンを新しい物に交換しました。

エアコンの替え時はなかなか判断しにくいものですが、
少しずつ効率は低下し、いつの日か使えなくなってしまいます。
実際には動いていても効率が悪くなると当然電気代にも影響してしまいます。

そこで下記の買い替えサインが出たら検討してみてはいかがでしょうか。

①エアコンから異音がする
エアコンから臭いがする
③冷風・温風が出ない
④冷房時に室内機から水が漏れる
⑤電源が入らない
⑥風向や温度の調節ができない
⑦冷暖房の切り替えができない

ちなみに、内閣府経済社会総合研究所公表の消費動向調査ではエアコンの寿命は
平均13.6、うち65.2%が故障により買い替えています。

故障してからでは計画的な購入が出来ないため、高い買い物になってしまう
可能性もありますね。

最後にエアコンの寿命を少しでも長く保つためには、こまめな清掃しかない様ですが、
なかなか日常の中で清掃をしようと思っても難しいですね。

その中でエアコンフィルターの掃除だけでも効果があるといわれています。
予めコンセントを抜き、掃除機で吸い取るだけです。
他にもエアコンの吹き出し口を掃除する際、割り箸にキッチンペーパーやハンカチなどの布を巻いたものを使うと細かい部分まで綺麗になるので便利です。

一度お試しください。       
                                   箕田

0 件のコメント:

コメントを投稿