2018年5月28日

S様 洋室・和室 リフォーム工事

S様では洋室10帖と和室8帖を繋ぐリフォーム工事を行っています。

元々、和室8帖は一段上がった間取りでこの段差をなくします。
また和室から洋室への変更も今回の目的の一つで、
押入も全てクローゼットへと変わります。

現在、和室の壁と床の解体が終わり、床下地を組み終わりました。


和室8帖間 解体前

和室8帖間 解体状況

床 大引きを下げ根太組

床 根太間に断熱を施工



この後、下地合板を貼り無垢のフローリング(ナラ材)を貼っていきます。

フローリングには幾つかの種類があり、1×6フロアーと呼ばれる巾300mm×長さ1820mmの大きさで基材が合板・表面に単板を貼ってある物、今回使用する巾90mm×長さ1820mmの無垢材(使用する形状で丸太から切り出した物)などがあります。

当然、巾が短いほど施工の手間はかかります。しかし無垢材には質感(裸足が気持ち良い)や調湿効果(室内の湿度コントロール)、森林浴効果(フィトンチッドによる癒し)経年変化(徐々に色が変化する)など触れてみて実感できる楽しみがあります。

フローリングの完成をお楽しみに!
         
                                     箕田







0 件のコメント:

コメントを投稿