2018年12月5日

S様邸 新築工事

S様邸は内部で24時間の換気ダクト工事が終わりました。
写真①の白く太いダクトが換気システムとつながり各居室内の汚れた空気を外に排出
する役割を果たします。
②は外部の状況で縦に通った木下地が37㎜のALC板の下地となります。
下地と下地の空間が通気層となり、熱気や湿度を上方に排出します。
高気密高断熱の住宅では、こうした室内・室外において換気や通気を行うことで躯体で
ある木材の腐食を防ぎ同時に住む人の健康も確保しています。



                    ②



0 件のコメント:

コメントを投稿